Se Relaxerで土佐ジローを味わう会

2016年10月28日

弊社のお客さんでもある、はたやま夢楽さんが土佐ジローを高知市内で味わってもらいたいということで10月27日、帯屋町のresort dining Se Relaxer(ス・ルラクセ)さんにて、土佐ジローを味わう会を開催しました。

今まで何回か安芸のはたやま夢楽まで行って食べているんですが、それが高知市で!しかもス・ルラクセさんとのコラボ!となれば行くしかない!

お品書き。この日はしょっぱなから土佐ジローの料理に合う、純米吟醸 安芸虎 入河内をこれでもかといただきました。飲み放題だったもので笑

1品目。土佐ジローのパテドカンパーニュとフロマージュドゥテッド、高知産 野菜のピクルスと畑山ゆずこしょう。
パテドカンパーニュにはもも肉とむね肉。フロマージュドゥテッドには手羽先、手羽元、レバー、砂肝、ハート、白子が使われており、ゆずこしょうも畑山の小松さん手作りのもの。

続いて2品目。土佐ジローむね肉のスモークと高知産柿と梨のサラダ、畑山ゆのすドレッシング。
ほのかなスモークがむね肉を噛む度に溢れ、いつまでも噛んでいたい癖になる美味しさ。ドレッシングが柿にも梨にも合ってました。

3品目、土佐ジローささみと高知産アスパラの揚げ春巻き。

4品目、土佐ジロー温卵と鳥皮カルボナーラ。

5品目、土佐ジローもも肉のロースト きのこのソテーバルサミコソース。
もも肉とバルサミコソースが相まってこれまた美味♪

6品目、畑山米のおこげ 土佐ジロースープのあんかけ。
お米も畑山産。おこげとあんかけ好きにはたまりません。

最後の7品目は、土佐ジロー卵と下山小松農園の水晶文旦のプリン。
水晶文旦のすっきり感とジローの濃厚卵がマッチした締めにピッタリの一品でした♪

ス・ルラクセの山本たくみシェフとはたやま夢楽の女将さん。

コラボのお料理最高でした。これで火が付いてしまい12月にまた、はたやま夢楽へ土佐ジローコースを食べ宿泊しに行くことを決めました。その模様はまたこのブログで。